出演団体・スタッフ

東京音楽大学ジャワガムランオーケストラ

  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン

東京音楽大学ガムラン授業履修生、同好会メンバー、聴講生、卒業生 および講師陣からなるグループ。2019年東京都渋谷文化村通り「第6 回SHIBUYAルネッサンス」、2020年東洋音楽学会第71回大会「公開 演奏会」ほか学内外にて演奏多数。中部ジャワのガムラン古典曲のほか、現代作品等にも意欲的に取り組んでいる。

*ワヤン提供・操作指導 折田美木

Message

「アジア芸能の未来」公演をご視聴くださり、ありがとうございます。ジャワガムランの響きはいかがでしたか。古典曲、遊び歌やアレンジ作品など、ジャワガムランの多彩な魅力をご紹介できるよう、練習に励んできました。

殆どの授業がオンラインで行われ、クラブ活動も自粛するなか、収録に向けた合奏練習は密を避けつつもリアルに顔を合わせて、互いのテンポや生音の響きを感じながら演奏する楽しい時間でした。ガムランの和気あいあいとした雰囲気、リラックスした南国の空気感もお伝えできたら嬉しいです。

そして、アジア芸能の未来を切り開くのはまさに自分達なのだと肝に銘じて、貴重な体験を今後に生かしたいと思います。

相模人形芝居下中座

  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン

神奈川県小田原市小竹(おだけ)地区に江戸時代より伝わる三人遣いの人形座である。江戸・東京の人形浄瑠璃の面影を伝えるものとして 高い評価を受け、昭和55年に国から重要無形民俗文化財に指定された。 地域の小・中・高校の部活動での指導を続けており、卒業生が入座することで、若い座員の多いことでも知られている。

Message

下中座では、先人から受け継いだ古典の継承をまず第一に考えております。その上で、子どもたちが演じて楽しい新作人形浄瑠璃の製作・上演活動に挑戦しております。
今回は、初めて他のジャンルの音楽とのコラボレーションに挑みました。今まで聴くだけ、観るだけだったガムランとワヤンとの協演です。ガムラン演奏者のお力をいただいて、三人遣いの人形の可能性を広げることができたでしょうか?ご覧いただいた感想をお寄せいただけますと、大変ありがたく存じます。
新しい試みをどうぞお楽しみください。

スタッフ

* … 講師

演出:松田正弘 *
照明:篠原力
音響:梶野泰範
舞台監督:宇山朋秀 *
ディレクター:永武賢二
ガムラン編曲・ピアノ演奏:湧上哉樹
ワヤン人形提供:折田美木
広報デザイン:松下岳志
映像撮影・編集:姫田蘭

制作:受講生

​舞台チーム

YIJILI・織原あゆ美・佐藤美穂・清水敦子・NARENTUYA・町田育子

​広報チーム

井波真弓・菅野美音・林寛治・福島千枝・山本英代・宮崎瑶子

大学スタッフ:福田裕美・田中香織・平舘ゆう・伊志嶺絵里子・佐々木可奈子
 

アジア芸能を知る

本公演についてもっと知る

IMG_1269_edited.jpg

プログラム

出演団体・スタッフ

スクリーンショット 2020-12-15 19.40.11.png

本事業について

logo_tcm.png
image_daigaku_index_01.gif
r1389331_01.jpg

©東京音楽大学 All rights Reserved.